ランドスケープとは

このページでは「ランドスケープ」について、事例などを交えながらを皆様にご紹介いたします。   ランドスケープとは そもそも「ランドスケープ」という言葉をご存知でしょうか。 日本語に直訳すると、、、「風景」となりますが、これだけではあまりピンと来ないかもしれません。 数年前から耳にする機会が多くなったランドスケープですが、 これは地球温暖化や2020年にオリンピックが東京で開催されることが決定したことを機に更に多くなったのでは無いでしょうか。   ランドスケープの対象は そもそもランドスケープとは、日本語で表すと「造園」が一番近い言葉になります。 ただし造園とは似て非なるものとなっており、造園が一般的に個人の庭や公園、 河川など決められた範囲の植木を美しく装飾することを目的としているのに対して、 ランドスケープの対象範囲はもっと広く、その空間を美しくするための調査や企画、設計、施工、管理なども含まれます。 ※東京の例ですと、東京都渋谷区の表参道ヒルズの建設の際にあたり一帯に植栽が施されたのがわかりやすいかと思います。   よく造園とランドスケープが混同されることが多いですが、 狭い範囲を表すのが造園、広い範囲を表すのがランドスケープと考えていただくと良いでしょう。   日本におけるランドスケープ 日本では、まだランドスケープという言葉がでてきたのが比較的最近のため、馴染んでいませんが 植物自体の導入はかなり進んでいるように感じています。 たとえば、以前に比べて普段皆様が長時間過ごすような場所、例えばオフィスです。 「働きかた改革」と謳われるようになってから、オフィス内に観葉植物を導入して快適にすごせる取り組みが盛んになってきたり、 最近では個人宅などでもインテリアの一環として、おしゃれな家具と合わせて購入するケースが非常に多くなってきています。   今後の注目 このように日本全体として、緑との関わり方に改めてスポットライトが宛てられている中で、 今後ランドスケープ(もしくはランドスケープデザイン)も更に注目されることが予想されます。   造園と聞くと昔ながらの庭木職人のような印象を受けますが 最近では「ランドスケープアーキテクチャ」として見直されています。   このサイトでは、ランドスケープの皆様により深く知っていただくためにあらゆる視点からまとめた情報をお伝えしていく予定にしております。 すこしでも、みなさまのお役に立てればと思いますので、ぜひこのサイトで得た情報をもとに街なかを散策してみてください。 また違った、世界が広がると思います。  

南国の雰囲気を出すのにピッタリの植物

モンステラ・デリシオーサ   乾燥に耐えられるか:ほどほどなら耐えられる 日陰でも耐えられるか:耐えられる 温度:0度以上で育つ   日本であまり見ない葉の形の観葉植物です。モンステラ・デリシオーサは、丈夫で育てやすい観葉植物といわれています。暑さ寒さにも耐え、室内のどんな場所にも育てられることができます。丈夫な分、生長速度が早いので購入する際の置き場所には広いところを確保しましょう。     マッサンゲアナ(幸福の木)   乾燥に耐えられるか:ほどほどなら耐えられる 日陰でも耐えられるか:耐えられる 温度:10度以上で育つ   明るい日陰でも元気に育つ観葉植物です。このマッサンゲアナは、太い幹からあふれ出るような美しい葉っぱが特徴です。暖かい地域で育ち、ハワイの玄関に置くと幸せになれるといわれているそうです。鮮やかな葉の色から、室内のインテリアとしてとても人気です。

寒さに強い植物

シエフレラ・アルボリコラ(別名シェフレラアルボリコラ‘ホンコン‘) 乾燥に耐えられるか:耐えられる 日陰でも耐えられるか:耐えられる 温度:0度以上に強い   ヘデラ・ヘリックス(アイビー) 乾燥に耐えられるか:ほどほどなら耐えられる 日陰でも耐えられるか:耐えられる 温度:0度以上で育つ   白のまだら模様と長いツタが特徴のヘデラ・ヘリックス(アイビー)は、どこかで1度は見かけたこともあるという位ガーデニングでも人気の観葉植物です。 室内で適した育て方は、夏の暑い日は水を沢山与え、冬は寒さに耐えられるように水を少なめにあげると元気に育ちます。成長すると沢山葉が増えますので成長が楽しみな観葉植物です。     ケンチャヤシ   乾燥に耐えられるか:耐えられる 日陰でも耐えられるか:耐えられる 温度:0度以上で育つ   乾燥にも強く、日陰でも耐えることのできるとても丈夫な観葉植物です。ヤシの種類の中でも丈夫と言われています。ゆっくり生長し、大きく育ちますので、長期間楽しむことができます。