関東と関西のランドスケープ

最近では東京での建設ラッシュに伴い、ランドスケープという言葉を聞くことも多くなって来ました。

今日は日本のランドスケープの事例を紹介できたらと思います。

まず、ランドスケープという言葉の成り立ちは、土地や場所をあらわすランドという言葉と、スケープという言葉が合わせており、景=場所+スケープという図式で成り立ちます。スケープは眺めを意味して、ゲシュタルト/全体性やシステムといった意味から、ランドスケープは地域社会を指す言葉の意味もあったそうです。

簡単に言うと「土地を改良して景観を良くした場所」」ということになると思います。

昔では景観をきれいにしようなんて余裕もなく、戦後なんかはランドスケープなんて言葉を聞いたことのない人がほとんどだったと思います。

建設ラッシュで建物が多く立ち、戦争というのもあまり身近ではなくなったからここまでランドスケープというのもできているのだと思います。

 

こちらの記事もご参照ください

関西のランドスケープ

関東(東京)のランドスケープ

また、ランドスケープを依頼するならば下記のタイプの業者がおススメです