造園時の植替えで大事なポイント③:植替えの注意点

季節とか温度よりも大事なポイントとして、植え替えをして良い時期とかあります。しかも、植物に合わせた土を選ぶ必要もあります。さらには、鉢の大きさも、植物の成長速度で変わります。この3つのポイントが重要となってきます。

 

・時期

・土

・鉢

 

の3つが重要になります。

 

【時期】

植え替えの時期は、5月~9月の暖かい気温の方が良いです。寒さに弱い植物は、植え替えをすると、弱って枯れてしまうことがありますので、ご注意下さい。暖かい時期が外れるなら、植え替えはしない方が良いです。

全ての植物に当てはまるわけではないので、調べてから植え替えした方が良いです。でも基本的にはこの時期が良いと言われています。

 

【土】

上にも書きましたが、植物は種類によって、求める栄養素が違います。慣れてくると、土を自分でブレンドする方もいます。ですが、最初はホームセンターで土を買ってくるのが良いと思います。培養土とも呼ばれる事があります。肥料、土、石灰などが混ぜられた土です。

種類だけ書かせて頂きます。

 

・赤玉土

・鹿沼土

・黒土

・荒木田土

・川砂

・日向土

・堆肥(たいひ)

・腐葉土

 

などがあります。

少し特殊な土も含まれます。水はけが良いか、火山の灰が混ぜられたりと、土だけでもいっぱいありますので、店員に聞くか、調べるか、土の説明を読むかなどしてから買った方が無難です。

ですが、園芸用の土は、初心者の方でも使いやすいのもありますので、そんなに難しく捉えなくても大丈夫です。種類が沢山あるという事だけ知って頂けたらと思います。

【植替えの実践】

少し大きめな鉢を選ぶといいかもしれません。サイトなどによっては、一回りと書かれている事が多いですが、鉢は大体3cmずつ大きさが変わります。植え替えのタイミングになりましたら、今の鉢の1つ大きいサイズの鉢を選ぶのが良いです。

 

しかし

『余裕を持たせるために大きい鉢を選べばいいや!』

はダメです!

植物に適した鉢でないと、水が吸い上げる量が変わってしまい、植物が根腐れなどのトラブルが発生します。ですので、適した鉢を選ばないといけないという事を、覚えて頂けたらと思います。今の鉢の1つ大きいサイズの鉢にして下さい。3つ先のサイズにしてしまいますと、支障が出る場合があります。『適した鉢のサイズ』にして下さい。